料理教室選びで失敗しないためのポイントについて

料理教室とは料理の基本からライフスタイルに合わせた時短やメニュー、おもてなしまで充実しているカリュキュラムがあり料理のレパートリーが増やせたり先生が料理を詳しく教えてくれる教室のことをいいます。
世間からの意見として料理ができなくても許される年齢は20代の前半までになります。
その年齢をこえても料理ができなかったらデメリットしかありません。
特に女性は好きな人と結婚をして旦那さんや、子供、友達などに料理を作る機会は増えてくると思います。
料理をすることは生きるうえでも大切です。
料理教室は様々ありますが、料理教室で失敗しないためのポイントについての説明をしていきたいと思います。

目的と目標を具体的に

最近では色々な料理教室があります。
そのため初めて料理教室を選ぶ時にはどのように選ぶか迷うと思います。
料理教室に通うことを考えている方は料理を覚えたいという目的があるかとは思いますが料理を覚えたいという目的だけでは料理教室を選ぶ際の具体的な目的としては少し足りない気がします。
例えば基本的な料理の基礎を身につけない、今より料理のレパートリーを増やしたい、イタリア料理を覚えたい、保存食を沢山知りたいなど色々な目的があり、選ぶべきポイントも人それぞれ違いがあります。
普段の料理を習いたい、いずれは料理関係の職業に就きたい、独立してカフェを開きたいなど、最終的に自分が料理教室に通うことでどのようになりたいのかを明確にすることで自分によりあった料理教室を探して通えるようになります。

システムと料理について

料理教室のシステムでは、大きくわけて2つあります。
単発レッスンと連続したレッスンです。
忙しくて毎日は通えないけど料理は覚えたいという場合はまずは単発レッスンを選んでみるようにしましょう。
比較的に予定を組みやすいという場合は月に数回行われている連続したレッスンを選ぶと効果が良いでしょう。

料金に関しては単発レッスンはほとんどの教室では支払いは一回きりになります。
それに対して連続したレッスンは、月謝制とその都度払いがあるので確認をしてから自分の経済にあった料理教室を選ぶようにします。

料理教室に参加する人の数や、授業の形式を把握しておくようにする

料理教室のスタイルは教室の規模に大きく左右されるケースが多くあります。
多数型は、最も一般的に料理教室のスタイルになります。
プロの料理人が1人に対しての生徒が10人程度参加して作りながら覚えるという料理教室となっていて、例えていうなら学校の授業みたいな形式で料理のテクニックを覚えることができます。
技術の習得が中心となっていますので、参加者同士が交流をするという機会はなかなかありません。
なお、参加型が多いケースの場合はきめ細かな指導を期待しないほうがよいのです。
少人数型は、講師1人に対して生徒が3人から4人程度、もしくはマンツーマンで学ぶタイプの料理教室になります。
細かな指導を受けられる分、より講師との相性が重要となる点に特徴があります。
グループ型は、数人のグループを作り協力しながら料理を学ぶタイプになります。
参加者同士で交流を楽しみ学べる点に特徴があります。
料理教室がきっかけで、友達ができるというケースも多いようです。
ただし、単純に料理のスキルを高めたい方、料理を見て覚えたいという方は若干もの足りないという場合があります。
料理教室を選ぶ際には参加者の人数や授業の形式などを把握することをオススメします。

大手料理教室のメリット、デメリットについて

大手の料理教室のメリットは安い料金で料理を学ぶことができるというのが最大のメリットになります。
駅に近く通いやすい場所にあるのが多いのも、通いやすいから人気があったりもします。
初心者コースや、和食の基本コースなど沢山のカリュキュラムがあるので自分にあったものを探すことができます。

意外と通学頻度が多いので仕事が不規則だったりすると料理教室に通うことができなくなるというデメリットになることもあったりするのです。

また、料理教室にもよりますが何人かチームを組んで同じ料理を分担して行うため気がつけば、ずっとお皿ばっかり洗っていて肝心な料理ができなかったというデメリットがあります。

個人料理教室のメリット、デメリット

料理の基礎がある程度にオススメなのが、料理教室の先生が経営している個人料理教室になります。

テーブルコーディネートや、お皿、使用する調味料など料理以外で得られるものが多いのがデメリットになります。
通う頻度も月に1回というところが多く無理に通いやすい点もいいです。
デメリットとしては、大手の料理教室と比較したら1回のレッスンの料金が高いところになります。
個人の自宅開催の場合は、駅から歩いたりと負担がかかるということも頭に入れておくことが大切になります。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

料理教室に通って上達するために知っておいて欲しいこと