料理教室に通って上達するために知っておいて欲しいこと

料理教室に通えば料理が上達するのか、それは普段から料理をする女性にとってとても気になる点です。

では、料理教室に通って料理を上達させる人とそうでない人にはどんな違いがあるのか、順を追ってそれぞれ検討していきます。

料理教室に通えば料理が確実に上達するのか

料理教室に通えば料理が必ず上達するだろうと期待していたにもかかわらず思ったような結果に結びつかなかった、ということは残念ながらあります。

料理教室は料理を教えてもらえる場であるはずなのに、どうして上達しないことがあるのでしょうか?それは、料理教室の教え方が関係しています。

たとえば、何人かのグループを組んで料理を作る料理教室の場合、重要な部分の料理に携われていないということが少なくありません。

参加はしているものの、見ている時間のほうが長くなってしまうのです。これではただ見ていて作った気になってしまうだけですから、上達は見込めないです。

そこで、マンツーマン、もしくは2人1組など、料理教室選びの段階で料理に確実に携われる形式の料理教室を選びます。

これなら料理をただ見ているだけにはなりませんので、実際に料理に携わる形でいろいろなスキルや技を覚えられます。

料理は頭だけで覚えるのではなく、体に覚え込ませないとできるようになりません。また、少人数で参加する料理教室は、スタッフの目が行き届きやすいです。

わからないところを質問するにしても言いやすいですし、1つ1つをじっくり教えてもらえます。

料理教室に参加する人の料理スキルは個人で違いますから、それぞれに対応した適切な指導が必要です。少人数で参加する料理教室なら、確実な上達が見込めます。

ただ、大人数のグループでも、料理にある程度自信があるならさらなる上達を期待できます。

料理をやり慣れているなら初めて覚えることでもコツを早くつかめますので、それならたとえ実際の料理にあまり参加できなくても、上達を見込めます。

ですので、料理教室で上達を目指すならどんな料理教室を選ぶかがポイントで、自身の能力に見合う料理教室を選ばないといけないです。

料理教室に通って上達する人とそうでない人の差とは何か

たとえ同じ料理教室に通っても、上達する人とそうでない人がいます。それはもともとの料理センスの差が大きいと考えがちですが、必ずしもそれだけとは限りません。

もちろん料理のコツをつかむのが早い人もいればそうでない人もいます。

しかし、上達する人とそうでない人の差を分けるのはそれだけではないです。まず知っておきたいのは、受け身になるのではなく、アクティブに料理を覚えようとするかどうかです。

いくら料理教室で先生に教えてもらう立場だとしても、自分から覚えようという気がなければいつまで経っても覚えられません。初めて作る料理を覚えるときは、誰でも不安があります。

本当にできるかどうかわからない、だからこそ消極的になってしまいがちです。

ですが、それでも初めての料理にトライしていく気持ちを持ち、わからないところがあれば恥ずかしがることなくどんどん聞いていかないと上達の道は開けません。

それをしないでうやむやにしてしまったら、上達しないままになってしまいます。

また、覚えた料理をできるだけ早く自宅で作ってみるのも、上達するかどうかに関係します。

料理教室の場で覚えた気になっても、すぐに自分一人で作らないと残念ながら忘れてしまいます。

教えてもらってから時間が経過すればするほど忘れやすくなりますし、それだと料理教室で作った1回きりになってしまうので上達は見込めません。

それではもったいないですので、料理教室で覚えた料理はなるべく早く自分1人で作ってみたほうが良いです。

それで上手くできれば自信になりますし、たとえ上手くいかなくてもどこが悪かったのかを後で先生に聞いたりしながら修正できます。そうして覚えた料理を作るのに繰り返しトライすれば、確実に少しずつ上達していけます。

料理教室で覚えた料理を自宅で作る場合の注意点

料理教室で教えてもらった料理を自宅で作るときは、気をつけなければいけない点があります。

それは料理に使う食材の調達についてです。料理教室を開くぐらいですから、料理に使う食材にはかなりこだわっていることが多いです。しかし、その食材が自宅でいつも使っているとは限りません。

せっかく料理を作る気はあるのに食材の調達に苦労して断念してしまうのは、非常にもったいないことです。そこで工夫したいのは、違う食材を代用するということです。

珍しい食材を使っているなら、何かしらで代用できないかどうか先生に聞いておくことでこの問題はすんなり解決できます。よっぽど特殊な食材を使わない限り、意外と代用できるものです。

ですから、食材の調達については、代用できるかどうかをまず先に検討します。

また、代用できなさそうであれば、メインでない限り抜いてしまっても構わないです。大事なのはまず料理を作ることで、それができるようになってから食材にこだわっていけば良いのです。

ですので、料理教室で使った食材と寸分違わない食材を使わなければいけないわけではありませんので、そこは臨機応変に対応していくことが求められます。

また、それは設備面についても同様で、自宅にない設備に関しては他の設備で代用できないかどうかをあらかじめ考えておきます。

お金に余裕があれば買うのが最も手っ取り早いのですが、それができない場合は代用によって乗り切るように工夫することが大事です。これらが、自宅で料理を作るときに気をつけたい点です。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

料理教室選びで失敗しないためのポイントについて